最高金利引き下げを控えて調整

法定最高金利引き下げを控え、カード会社の現金サービス(短期貸出)金利が低くなっている。

4日与信金融協会公示によると、3月末基準の7つの専業カード会社(新韓・サムスン・KB国民・現代・ロッテ・私たち・ハナ)の標準等級基準現金サービスの平均金利(運営価格)は17.90~19.19%を記録した。7社の平均値は18.58%で、昨年12月末の平均値である18.94%より0.36%ポイント低下した。

7社とも3ヶ月間の平均金利が少なくは0.03%ポイント、多くは1.13%ポイント下落した。特に現代カードは、昨年末19.03%から今年3月末17.90%で1.13%ポイント低くなり、最も低い平均金利を提供した。ロッテカードも同じ期間0.54%ポイント下落し下落幅が大きかった。現代カードは法定最高金利引き下げに先立ち、自主的に金利を下したと説明した。

キャッシュサービスの平均金利が一番高いカード会社は19.19%を記録したKB国民カードだった。 1つのカード(19.08%)も昨年に続き19%の金利を維持した。三星(サムスン)(18.83%)、ウリ(18.49%)、新韓(シンハン)(18.36%)、ロッテカード(18.23%)が続いた。

1〜2等級高信用者の場合、私たちのカードが15.32%と最も高い金利を提供した。一方、폰테크 一つのカードが11.7%で最も低い金利を記録した。9〜10等級低信用者の場合、金利が法定最高金利である24%に迫った。三星カードが23.59%と最も高い金利でお金を貸し、低信用者に最も低い金利を提供した私たちのカードも20.24%を記録した

このような現金サービス金利引き下げの動きには、最高金利引き下げの影響もあるが減っている現金サービスの顧客を確保するためのカード会社の苦肉の策という指摘も出ている。カードローン(長期貸出)やインターネット銀行などの貸出より金利も高く、利便性の面でもこれ以上優位を占めないのに金利引き下げという措置を取るしかないということだ。

実際、現金サービスはカードローンより金利が5~6%近く高い。3月末基準で7つの専業カード会社のカードローンの平均金利の平均値は13.21%を記録したが、現金サービスは18.58%で5.37%ポイント高かった。

韓国銀行の経済統計システムによると、クレジットカード会社の現金サービスの個人利用額は2月末基準で4兆201億ウォンを記録した。前年(4兆8300億ウォン)に比べ16.8%減の数値で、03年以降の最低値だ。 2003年26兆ウォンに達した現金サービス利用金額は18年ぶりに4兆ウォン台に減った。

現金サービスの利用は減少する見通しだ。現金サービスの利用顧客は、カードローンの顧客よりも信用格付けが低いため、法定最高金利引き下げに大きな影響を受けるしかない。実際女神協会によると、3月末基準の7つの専業カード会社の現金サービス利用会員のうち年20%を超える金利を適用される割合は50%近く高騰する。ハナカードはその比重が60.46%に達し、現代カード(56.52%)、KB国民カード(54.92%)の順だ。

業界関係者は、「法定最高金利引き下げを控えて現金サービス金利調整に乗り出している」とし「ピンテックなどの現金サービスと競争するサービスが多くなり、減っている現金サービスの顧客を確保するために金利であるように手段を使用するしかない側面もある」と述べた

댓글 달기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다