使いやすさも一層高めた

展示スペースを新たに構築し、公式ホームページを改編するなど、顧客対象のマーケティングとコミュニケーションの強化に乗り出した。コロナ19に萎縮した対面プロモーションとコミュニケーション活動を補完する一方で、コロナ19以降を事前に準備するためである。

LGイノテックは、オンライン展示館である「アンタクトプロモーション2021アンボックスドLGイノテック」とオフライン展示館である「イノテックホール」をオープンしたと17日明らかにした。

今回開設したオンライン展示館は、顧客、一般人などの訪問者のタイプに応じたカスタマイズコンテンツを提供する。

企業顧客用展示館は「プライベート展示室」の形で運営し、LGイノテックの電子メール招待状を介してのみ接続することができる。招待状に含まれているリンクと認証コードを入力すると、顧客の産業群に応じた製品の紹介映像をはじめ、サイズ、性能、詳細仕様などの詳細情報を確認することができる。

LGイノテックの会社紹介映像とともに、一般人が理解しやすいように、事業領域別の製品を日常生活に取り入れて作ったティーザー映像を見ることができる。

LGイノテックはオンライン展示館開設とともにソウル市江西区麻谷洞(カンソグ・マゴクドン)のLGサイエンスパーク本社1階にオフライン展示館である‘イノテックホール’を開館した。

「イノテックホール」は、3Dセンシング、ビーコン技術などを適用して観覧客が展示を直接体験できる体験型展示館である。ビジネス分野別の専門知識を持つ従業員が直接ドスントゥ(Docent、観覧客に展示物を説明する案内人)になって、백링크 顧客を案内し、製品理解を助ける。

この展示館は、歴史と事業分野を紹介する「イントロゾーン」、日常生活の適用製品を紹介する「インサイド・ユア・ライフゾーン」、製品の詳細情報と実物を示す「プロモーションゾーン」で構成されている。

インサイド・ユア・ライフ・ゾーンは、アクションを認識する3Dセンシング技術を適用しました。視聴者の動きに応じて、スクリーン内の製品紹介画像が再生されます。家、自動車など、様々な生活空間に適用されたLGイノテックの製品を体験することができる。

「プロモーションゾーン」はビーコン(近距離無線通信装置)を活用した。タッチメディアテーブルに設置したビーコンを操作すると、98インチのデジタルサイネージ(公共の場や商業空間に設置されたディスプレイ)を通じて製品情報が見つかります。

だけでなく、顧客、パートナー、従業員などが疎通できる複合空間である「イノプレックス」を用意した。この空間は、217インチの最大規模のサイネージを備えており、講演、セミナー、小規模ミーティングや従業員のアイデアジェネレーションなど、さまざまな目的のために活用することができる。

これと共にLGイノテックはホームページを新たに構築した。製品情報が必要な企業の顧客はもちろん、会社について知りたい就職準備生や投資家など一般人のためのコンテンツと利便性を一層強化した。コンテンツはホームページの訪問者の関心が高い製品や技術と採用情報を中心に構成した。

製品説明は、製品概要、領域別製品群、個々の製品の3段階に体系化した。 40個に及ぶLGイノテックの主要製品を誰でも一目で簡単かつ迅速に見つけることができる。

また、就職を希望する人材が気にする採用コンテンツを補完した。特に職務紹介ページは、R&D、生産、マーケティングなどの分野別の従業員のインタビューを通じて実務内容、必要能力などの鮮やかな情報を提供する。

댓글 달기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다