手数料引き下げプラットフォーム連動

グーグルのアプリ内決済強行を控え、インターネット業界が‘グーグルガプジル防止法(電気通信事業法改正案)’の早急な通過を要求した。コンテンツ創作者と消費者被害額が数兆ウォンに達するなど、複数の副作用をもたらすという懸念からだ。関連法案を発議した議員も共感を形成して議論を再開するなど、対応策作りに乗り出した。

国会科学技術情報放送通信委員会とともに民主党幹事のチョ・スンレ議員は8日、イ・ウォンウク果房委員長、韓国インターネット企業協会、北ネバダ国際交流センター(NNIC)と‘グローバルアプリケーション(アプリ)公正性の方向’テーマのオンライン国際カンファレンスを開催した。

この席で、Googleアプリのインエプ決済強行がもたらす被害についての議論が行われた。アプリ内決済は、Google・アップルが独自に開発した内部決済システムで、そのアプリマーケットで有料アプリとコンテンツを各国のクレジットカード・各種簡単決済・キャリア少額決済などを通じて決済するようにする方式をいう。Googleプレイ決済システムの使用は、10月から義務付けられています。

‘通行税’という非難世論に出くわしたグーグルが売上区間により手数料を30%から15%引き下げる方針を明らかにしたが、法適用を防ぐための‘コムス’という批判があふれた。

サドヨンウェブ小説作家は「グーグルは中小企業を対象に手数料引き下げ政策を導入するとするが、ほとんどの創作者が大型プラットフォームでコンテンツを連載・流通しているので、結局30%以上手数料適用を受けるプラットフォームの影響を受けるしかない」として「ばらまき引き下げ政策は本質ぼやけに過ぎない」と指摘した。

ユビョンジュンソウル大教授によると、Googleのアプリ内決済強制と手数料引き上げに2021年の年間約2兆1127億ウォンのコンテンツ産業の売上高の減少と1万8220人の労働力の減少が表示されると予想される。소액결제현금화 2025年、国内のモバイルコンテンツ産業の売上高は5兆ウォン以上減少すると推定された。

ソ作家は「デジタルコンテンツ従事者の60%が35歳以下の若年層だが、就職ドアを狭め芽を大幅に切る大きな打撃を受けることになるだろう」とし「若い世代としては憂慮されるしかない」と話した。

GoogleとAppleが市場支配力転移を介して独占化を加速しているという指摘も出ている。

チョン・ジョンチェ法務法人ジョン・パク弁護士は「グーグルとアップルはモバイルオペレーティングシステム(OS)での独占力を利用してアプリ決済市場で食い込んで販売している」とし「その結果、コンテンツ事業者の選択機会は剥奪され、これらの会社は独占利益を持つようになる構造」と説明した。

続いて「アプリ決済強制はアップルが先に開始し、Googleが追従する形で、開始からアップルは30%を適用したが、Googleはそれをそのまま追従した」として「最近値下げ政策を見れば、このような両強体制が市場と消費者にどれほど危険なのか明確に示している」と批判した。

댓글 달기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다